2018年10月16日火曜日

同窓会会長 挨拶


平成30818
奥野 幸良

この度、平成30年の総会で皆様にご承認を頂きました奥野です。皆様のご協力を得て、精一杯努めさせて頂きたいと思っておりますので、どうか宜しくお願い致します。
先ず、橋本前会長の6年に亘る同窓会への功績に、敬意と感謝を申し上げます。「楽しい同窓会」をテーマに掲げ、多くの同窓生の参加を実現し、同窓会の活性化にご尽力頂きました。今後ともご指導をお願い申し上げます。
さて、新たな体制でスタートした本年度は、「楽しい同窓会」という橋本イズムを継承しながら、より一層、幅広い年代の参加を呼び掛けていきたいと思っています。HPでの情報提供、会報の発行、総会・懇親会等に、今まで以上に多くの同窓生に参加をして頂き、意見を頂けるようになればと思います。また各支部とも情報交換をしながら、お互いが刺激しあえる関係になればと思います。
同窓会の目的の一つに「母校の支援」があります。同窓会は、正副会長・本部役員だけがやっているのではありません。同期会・クラス会で、皆さんが集う時、それぞれの母校への思いを、是非とも山高同窓会に届けてもらいたいと思います。支援の方法・中身は、様々ですが、これからも、時代の要望に則した「母校の支援」が大きな柱であることは間違いありません。この大きな柱に、本年度、皆さんの関心をより高めてもらいたいのです。それは、2019年に山高が創立120周年を迎えます。この節目の時に、正に皆様方の「母校の支援」をお願いしたいと思います。多くの方の協力・支えがあって、山高同窓会活動がより充実したものになっていくと思います。今まで同窓会に無縁の方々にも、山高120周年を周知することで、同窓会に関心を持って頂くきっかけになればとても嬉しいことだと思います。
最後に、より楽しい同窓会の実現に向けて、皆様のご支援、ご協力をこれからもどうかよろしくお願い致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿