2020年11月2日月曜日

吉本文化人的カルチャースクール 『百人一首』

 山高27期 細川知佐子(旧姓 木村)です。

先にご案内した吉本興業のオンライン「吉本文化人的カルチャースクール-古典文学講座 『百人一首』」 第一回目(10月17日)は好評の内に終了いたしました。
ありがとうございました。

次回 第二回目は11月21日(土)14:00〜です。
全6回講座の2回目です。
3回目以降の予定は以下の通りです。
12月5日、令和3年1月16日、2月13日、3月13日開催予定

興味のある方は是非ご受講くださいませ。 

はんにゃの金田さんには、毎回ご一緒いただきますので、お楽しみに!
以下のURLからお申込み下さい。
各回個々に受講可能です。  (受講料は1回1000円、1回ごととなっています。)
受講ご希望の場合はまず新規登録をお願いします。
吉本文化人的カルチャースクール」のURL
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2112
宜しくお願いします。


2020年10月28日水曜日

「特攻兵士 魂の叫び」特攻兵士と暮らした五歳の私

山高卒業生の岡出とよ子さんがこの度本を出されました。
それに伴い、特攻兵士の詠んだ短冊が伊勢市立図書館で11月1日㈰〜8日㈰(水曜休館)まで展示されます。是非お時間のある方は足をお運び下さい。
下記は同期の井村さんから頂いたメッセージです。

*********************** 
 11期生の岡出とよ子さんが発行した作品です。特攻兵士の辞世の短冊(34首)が載せられています。
 特攻兵の辞世の句が伊勢でも詠まれていたのです。兵士の句をもとに知覧や各地におもむき、遺族捜しにも頑張った彼女は、戦争を知らない若い人たちに彼らの思い、魂の叫びを知って欲しいという願いを込めてこの本を出すことになりました。
 一人でも多くの人たちに読んでいただけたらと思っています。  11期生 井村郁子

2020年10月4日日曜日

  吉本文化人的カルチャースクール 『百人一首』

山高27期 細川知佐子(旧姓 木村)です。
吉本興業がオンラインで「吉本文化人的カルチャースクール」を開講します。私も吉本興業文化人枠に所属しており、『百人一首』の講座を担当することになりました。
全6回講座の予定:
第一回目は10月10日(土)午後2時から3時30分まで。
はんにゃの金田さんにご一緒していただきます。興味のある方は是非ご受講くださいませ。 
2回目は、11月21日の予定で、時間は決まり次第サイトでお知らせいたします。
以降、月1回土曜日に開講予定です。はんにゃの金田さんには、全回ご一緒いただきますので、お楽しみに!
以降の予定などについては以下のURLから確認下さい。各回個々に受講可能です。
         (受講料は1回1000円、1回ごととなっています。)
受講ご希望の場合はまず新規登録をお願いします。
吉本文化人的カルチャースクール」のURL
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/1995

宜しくお願いします。

2020年8月29日土曜日

NHK 歴史秘話ヒストリア 「小津安二郎 日常というドラマ(仮称)」

 去る、6月30日 歴史秘話ヒストリア・「小津安二郎 日常というドラマ(仮称)」作成のためNHKの取材を受けました。青春期・戦争期・監督期の三部作のようで、青春期での山中時代は伊勢地域、松阪、飯高が舞台です。大雨の中、船江公園と私の事務所・応接室でのインタビューでした。

 先日、NHKより連絡があり、放映日が決定しました。我々の大先輩である小津安二郎先輩(山中22期)が多感な青春時代過ごした伊勢がどれだけの時間放映されるかわかりませんが、視聴をお願いします。

    放映日 2020年9月9日(水) 午後10時30分~11時20分 (総合・全国放送)

    番組名 歴史秘話ヒストリア「小津安二郎 日常というドラマ(仮称)


                         ー山高19期 池田六太郎ー


 


2020年8月28日金曜日

戦後75年 無言館展

終戦から75年のコロナ禍、暑い夏
三重県四日市市「そらんぼ四日市」(四日市市立博物館4F・近鉄四日市駅前「都ホテル」西)
において無言館所蔵作品133展を開催中(会期 ~9月6日<日>・休館月但し8月31日は開館)

うち三重県出身で唯一
田中兵部氏(1919年生 山中37期 同期に富内英一元校長)の作品屏風絵「婦人像」が展示されています。

戦時中は、絵を描くことも「非国民」と避難された時代。宇治山田中学校卒業後、京都の美術専門学校へ、
その後、召集令状により戦地。南太平洋ブーゲンビル島で戦死。無念にも画家の夢を絶たれました。

展示作品は、前半、戦没学生画家の遺品の数々、暗い画風が続き戦時中の悲惨な心情を感じ取らざるを得ません。

後半は、これが戦時中に描かれた作品かと目を疑うほど明るく、“夢”“志”“希望”に満ち、“今を必死に生きる”戦没となる学生画家。鑑賞者に「平和」であることの尊さを思い知らされます。

その中に前述の作品「婦人像」、遺作品陳列、地元、戦地では、“御公家さん”と呼ばれ、伊勢の生まれ育ちだけに海がお好きで素潜りしては、魚を捕り、碁を打つ趣味、
遺品では、父田中繁蔵(伊勢田中病院創業者)に宛てた手紙ー戦地でも絵画同好会を主宰結成の報、を拝読すると目頭が熱くなりました。

同窓では、詩人の竹内浩三氏はじめ数多くの才ある先輩方が戦争の犠牲になっています。戦後75年が経ち、加齢とともに戦争の実体験者が少なくなる今日、風化をさせてはなりません。

会期は残り少なくなっていますが、これまでNHKラジオ番組「ラジオ深夜便」、朝日新聞、中日新聞ほかでも紹介、掲載されています。
北勢支部の皆さんをはじめ、ぜひ、この機会に無言館四日市展へお越しください。

会場内は、録音録画撮影一切禁止です。


無言館 館長 作家 水上 勉ご子息窪島誠一郎氏




2020年4月24日金曜日

東京支部総会中止のお知らせ

残念ながら、6月14日に予定しておりました今年の東京支部総会は中止する事としました。
東京支部総会には、例年200名程のご参集をいただいておりますが、その内には多数のご高齢の参加者もおみえになります。その為、万が一のことを考え、延期ではなく中止の決断をいたしました。
また、OB有志が脈々と続けております「歩こう会」も、同様に春に予定しておりました第38回は中止となりました。
状況が許せば秋の開催を目指したいとの事でございます。
ご予定いただいておりました会員の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

            東京支部事務局長  伊東 雄

2020年4月20日月曜日

令和2年度同窓会総会・プラチナパーティ―中止のご案内

平素は、同窓会活動にご協力いただき誠にありがとうございます。
さて、令和2822日(土)に開催予定でありました「宇治山田高校同窓会総会・プラチナパーティ―」は、中止することになりました。
ご予定頂いておりました皆様方には誠に申し訳ございませんが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の最中で、緊急事態宣言も7都府県のみならず全国的に発令された状況であり、今後の見通しも難しいことから、やむを得ないこととご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお、来年の総会・プラチナパーティ―は、今年開催予定でありましたオリンピック・パラリンピックも来年の同時期に開催されることから、令和3821日(土)を予定いたします。皆様、お誘いあわせの上、多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。
また、今年の運営幹事期でありました22期・34期・46期・58期・70期の皆様は、来年の23期・35期・59期・71期の運営幹事期の皆様と一緒にご協力いただきますようお願いします。
皆様方に於かれましては、健康管理に十分ご留意いただき、今後の同窓会活動にご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
来年の821日(土)に「戸田家」でお会いしましょう。

                                                                                 同窓会会長 奥野幸良
                        総務委員長 牛場宜夫